Lagrange point

Photo×Living×Sentence

04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いor?

IMG_2964-3.jpg
おつかれりんちゃん、もうしばらくがんばれんちゃん☆ 消化・吸収、消化・吸収、消化・吸収…o(^^)o



先日、MRI の検査を受けることになり病院へ。

かつて、病院勤務時代、MRI 室には何度も患者さんの送迎で足を運んだ事はあるけれど、
自分が受けるのは初めてな訳で。


よく『工事現場の音』が数十分続く、と言うのと、
細い筒の中に入る、というイメージがあって、

子供の頃、押し入れに篭もって遊んだ事があるので閉所恐怖症ではないと思いつつも、
『音』については少々不安でした。

当日病院で検査着に着替え体から全ての金物を外して検査台に横になり、
検査するお腹をベルトでガッチリ固定され、耳栓と、呼び出しボタンを握らされて検査開始。


目を開けていると数十センチ上が筒の縁なので、確かに閉塞感はバッチリ。
こりゃあこれだけで乳幼児と認知症高齢者は我慢出来ないだろうなと。



そしてそして。

『カン、カン、コン…』と軽い音が数回なった後『ドドドドドドドドドドドド…』
耳栓してても結構デカいと感じる音がなり始めました。

暫く、『工事現場の音とはちょっと違うなァ』と感心しつつ聞いて居たのですが、

よくよく音そのものに集中していくとこれが結構面白い。

さながら上演開始のブザーの後でロックバンドの前奏が延々と続くような。
絶対音感がないから確証は無かったけど、
多分低音でベースギターの『ソ』の音を16分音符♪(?)の連なりで聞くとこうなるんだろうなと、
拙い音楽知識の中で音を判別しつつ(合ってるかどうかも怪しいケド)


大昔、音楽教室の発表会で合同演奏した『銀河トレイン』という曲の前奏を思い出したりしてました、


検査時間は概ね30分
このままずーっと同じ音かと思いきや、突然音が止まり、
またドラムのスティックを鳴らすような軽い音がして、
違う音階でまた『ダダダダダダダダダダ…』
その音に被さる様にカラカラカラと鳴るものがあって。

また止まっては、今度は本当に工事現場のドリルのそっくりの音がしてみたり。
最初の音に戻ったり。

たぶん磁力の強さとか何かが違うからなんだろうな
(音でいうところの周波数?)
こういうので身体の中を透視されるんだなぁ。


しかし、だんだん可笑しくなってきて、笑いたいのをこらえつつ(動くと画像がブレるので)
マットとベルトで抑えつけられているお腹が痛むのを我慢しつつ、



『誰か、メロディーつけてくれ?(笑)』



MRI って、こんなにオモロイもんなん???
検査自体は悪性でないかどうかの鑑別のためという、結構深刻なものであるはずなんだけど、
今のところあまり緊張感もなく。


…もう一回くらいなら受けてもいいかも、って、どこまでノーテンキやねん。



スポンサーサイト

コトバ

CA390287-3.jpg


その緑が木々のコトバ

その色や香りが花たちのコトバ



その背中や 表情や 仕草 温もり 声…

貴方のコトバ


そして私の



言葉でこそ伝えなきゃいけない 大切なこともあるけど

言葉じゃないコトバだからこそ 信じられることもある



大事なことは

相手に伝わるコトバで 伝える努力をするという事…だね


今頃は…

P5040003-3.jpg



きっとまだ仕事中


忙しい誕生日



オツカレサマ

せめていい夢見てね



いつか… ゆっくりドライブ行って


木登り でもしよっか?(笑)

Yatsu Rose Gerden 2010

CA390329-3.jpg


『Angel Face』(前)
『Stainless Steel』(後)

名付け親のセンスというのも 色々だなぁ

金属の名前がつけられている割には、色彩の揺れが複雑で美しい


続きを読む »

治療の開始

CA390404-3.jpg


果たしてこんなものを書くことが、
自分の、或いはどなたかのお役にたつのかどうかということも分からないけれど、

これから自分の心身に起ってくることについて、
ポイントだけでも書き残さないと、多分私のことだから忘れる…

治療が終わって時が経った頃に、きっと
『あ?、こんなこと考えたっけな』と懐かしくなる事があるだろうと思って、
書いてみようかなと、考えた次第。

かつて3つ持っていたブログも今はここだけなので。



今のところは、幸運な状況に置かれているという感覚のほうが強いが故に、
こんな程度のものが苦労なのか? と考えている自分も居る。

このところ、なかなか書くためのエネルギーが足りてない状況なので、
いつも詳細に記録出来もしないだろうけれど、

読んでくださる方が『何のことを書いているのだ??』とならない程度には
まとめていきたいと思っています。



『子宮筋腫』で手術を選択した場合の治療に纏わる記録、です。



続きを読む »

CA390398-3.jpg


何か 見落としがあるんじゃないのだろうか



この行き詰りを越える方法は

自分が知り得ている知識を超えたところにこそ

在るのではないだろうか


自分が浸かっている制度の枠から 思考を自由にすれば

最善 の答えが 導き出せるだろうか


経過記録 その2

CA390384-3.jpg



続きを読む »

夢の中の景色

CA390311-3.jpg

そのシチュエーションは多分、
団体旅行に誰かのお供のために一緒に参加したという状況、
だったような気がする。

山奥のちいさくて上品なホテルの会場で行われた式典で
おばあちゃんたちが並んで椅子に座っているところを
私が写真に収めていたり、

子供たちと一緒に、グリーンアスパラガスを収穫したり、

家族連れと一緒にそこから更に標高の高い丘に向かって散歩しながら遊んだりしている。


現実の世界の中で知った顔は、なぜかかつての仕事仲間の中年の女性だけだったけど、
そこで見た景色が、あまりにもクリアで美しくて。

私はやっぱりそこでも愛用の携帯カメラで写真を撮っているのですが(笑)


青く澄んだ空と陽光、心地よい風、
遠く見下ろす広々とした山あいの田舎の風景、
素晴らしく整えられた木々のアーチの、黒い幹の影と新緑のコントラストや、

見知らぬおばあちゃんたちのふくよかな笑顔や、

とても元気で張りのある美味しそうなアスパラガスも。


全く関連のないものばかりだけれど、なんだか自分が好きなものばかりで。


目覚めたとき、とってもシアワセで、
思わず『キレーな景色だったなぁ…』というつぶやきが。


昨夜は色々考え事をしたり、寝苦しかったりで、夜中何度も目が開いていたので、
脳がそれを癒すために朝方の最後の眠りの中で、ご褒美をくれたのかも知れない。

ありそうで出会えない、でも出逢いたくてたまらない景色やイメージという形で。


ゆっくり朝寝坊しようと思っていたのにな。
その夢のおかげで普段と大差ない時間に起きてしまいました。


今日は雨だし、何も予定はないので、
まったりとくたびれた体を休めることにしましょう。

答えの一つ

CA390393-3.jpg


それでも

スイカロードレースには

どうにかして 出たい のだよ

続きを読む »

霧中

CA390403-3.jpg


いつもより、少し長く連絡がないだけで、

そしてその理由が解らないって云うことが、

こんなにも不安になるものなの?



あの人か、近しい人に何か良からぬ事があったのか、

わたしと接するのが面倒になったのか。

後者だったら辛いけど、前者だったらもっと嫌だ。


全く別の理由なのかもしれないけど。
何も判らないだけに、自分のことより、ずっと怖い。
何でもなくて、バカみたい、って思えたら一番いいのに。



いつもの、あの穏やかな声に触れたい…

硬い?

CA390396-3.jpg



心身ともに 老廃物は あんまり溜めこんじゃ良くないね

『出すって大切ー!』ってCM 前にあったっけ(笑)

続きを読む »

別れの前夜


P1060299-3.jpg



3月に帰国した姉とその子供たち、
あっという間に5月も終わりが来て、明日、また海の向こうに戻って行ってしまいます。


忙しくて、を言いわけにして、
また今度連絡すればいいや、って思っていたらいつもこうなる。

いなくなるんだ、と思うと途端に寂しくなっちゃうものなんだね。


お姉ちゃん。

お互い、身体には気をつけて、それぞれの道を往きましょう、
貴女には守るものがたくさんあるから、
止まってる暇なんてないけど、貴女らしく子育ても楽しんで。


わたしも、喜と哀をかみしめながら、生きていくから。



またいつか、みんな元気で逢いましょう。

“毒”の誘惑

CA390409-3.jpg


身体に毒になるものが入っているものの方が

『美味しい』って感じることも 結構あるものなんですよねぇ。


コーヒーはやっぱり、カフェインの入っているものの方が断然ウマイのよ(; ;)

ああ、なんて罪作りな(笑)



続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

藍(ran)

Author:藍(ran)
FC2ブログへようこそ!

アクセス

Information

≪Lagrange point≫はリンクフリーです 掲載写真・文章の無断転載はしないでくださいね。
Copyright © Lagrange point All Rights Reserved.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。