Lagrange point

Photo×Living×Sentence

08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災の日

P9240279-3.jpg


巾着田の彼岸花の群生

また見に行けたらいいなぁ…と思ったり


今年の見頃はいつ頃になるだろう


***

9月ですね。

1日は防災の日、それ以外にも色々な○○の日とついているようです。
変わったところでは『キウイ』の日、とか(笑)

つい今しがたも小さな地震。
東京のみならずで、あちこちで地震が多いですね。

つい先日も会社内の定例研修で『減災』をテーマにミーティングがありました。
地震や台風、インフルエンザもそうでしょうか。人間が防ぎようのない事象があって
そのことを避けることはできないにしても、
その事象によって発生する被害を減らすにはどうするか。。

人はとかく、災難が目の前に来ないとその必要性について解っていても行動に移せない生き物



新宿で働いている私たちが直面する災害というと、台風や洪水というよりは、地震。

地震によって『生き残った後でどうするか』を考えるコトも必要だけれど、
まず、『生き残るためにどうするか』 その対策のための行動を起こせ、と。


かつて、阪神淡路大震災の時、尼崎に住んでいた父は怪我もなく、
マンションも倒壊せずに助かったけれど、寝室に置いてあったテレビやオーディオが数メートル飛び
冷蔵庫や食器棚も全て倒れたと言っていました。
箪笥同士がつっかえになったらしく、よく体の上にそれらが落ちてこなかったものだ、と。

でも、一番ぞっとしたのは、前日に作ったおでんの鍋が横滑りして飛んで、
中身もそのままに床に落ちていたのを見た時だ、と言っていました。
鍋の中に散らばったガラス片を避けながら、
ライフラインの途絶えた部屋で、父はそのおでんで暫く食いつないだらしいのですが。
その時は、隣のマンションは全壊で、1階の居酒屋はぺしゃんこでした。。



地震に限って言えば、室内に居たとして、その時どれだけ崩れる物から身を守れるか。

揺れによって何が起きるか、どこへ退避すれば良いのか、
その後どのような処置をするか…と言うことを、短い時間ですが考える機会があった訳です。

仕事場での話し合いだったので、自宅に居る時でなく、
仕事場あるいは屋外で地震に遭遇したときに想定しておくこと。


・揺れの瞬間は机の下、あるいはトイレに逃げ込む事

・助かった場合で事務所が使い物にならず、お互いがバラバラだったときの第一避難(集合)場所の確認

・災害伝言ダイヤルの使い方     等々

結局ウチの事務所の対応マニュアルが必要になり、ぼちぼちと作成中ですが、
実際はどこまで役に立つものやら。。ですが、何もしないよりはマシでしょうかね。

個人としての私がどうなのかは分からないけれど、
職業人としての私たちが死んだり、重症を負ったときの影響は案外大きそうなので。



さて皆様、いかがでしょう?

地震や台風は止められなくても、その後の被害を減らすこと、
それはそれぞれの努力によって可能なのだということ、理解できてますか?


自分だけのことを考えていられれば楽ですが、仲間を、家族を、大切な人を、
たとえ目の前に居ない時でも護るために出来ること、
考えて、行動に移せてますか・・・?



そうそう、ついこの間読んだ 高嶋哲夫氏の『M8』
大都市直下型地震を想定した小説ですが、
科学的な研究に基づいてシュミレーションされているので、
『その時』を想像するには良い材料かも知れません。


ただ、かなりリアルなので、色々想像していて、私は頭が痛くなりました。。

スポンサーサイト

glass

CA390986-3.jpg


国立新美術館 メインゲート


***

同僚と夕方から国立新美術館で開催中の『ルネ・ラリック』展を見てきました
この方、1900年のパリ万博で注目を集めたフランスの宝飾デザイナーさんだそうで

?華やぎのジュエリーから煌めきのガラスへ? ということで、
ティアラやペンダント、ブローチ、指輪等のジュエリーのデザインを経て、
花瓶や香水瓶、ランプやグラスセットなどのガラス工芸品約400点が展示されていました。



ジュエリーだから大した数はないだろうと高をくくっていたら大間違いで
お客さんが多かったのもありますが、ざっと見て回っただけでも大方一時間半。

私は元々ガラス工芸が好きなので、全く退屈することなく最後まで見ていくことができましたが
この方、花や人、鳥以外にも蛇やトカゲなどの爬虫類や昆虫(バッタとかフンコロガシとか 笑)
なんでもモチーフにしてしまう、ちょっと面白い工芸作家だったようです。

1885年?1930年代、約100年前の作品だったせいか、
ニンフや女神のモチーフの裸体像も、古代ギリシャ時代の石膏の女神像より
幾分スレンダーな感じですが、曲線が綺麗で昔の作品という感じはしませんでしたし、

車のボンネット上に飾るカーマスコットも、クラシックカーごと展示されていて
とてもカッコ良かったですし、グラスセットに至っては、今でも高級なお店に売られていそうな程。

ガラス工芸というと、エミール・ガレしか覚えがなかったのですが、
個人的にはラリックの方が好きです。



このラリック社、今でも様々な商品を生産しています。

展示出口のショップで、
『ちょっとお洒落な香水瓶を、部屋に飾っておきたい』と、同僚

シンプルなデザインが私的にはツボなんですが、気軽に手が出るほどの値段でもないんだな(笑)


この展示は明日9/7(月)で終わってしまいますが、
ラリック社のサイトがあるのでご紹介。

サイトもとってもオシャレですよ^^)

http://www.cristallalique.fr/v2/


東京新聞 イベント情報

http://www.tokyo-np.co.jp/event/lalique/

山手線が…

CA390994-3_20090908230940.jpg

茶色になった !!


山手線誕生から100年の記念だそうで。

普段は銀色の車体に横に黄緑のラインが山手線ですが、
最近は色々な宣伝用フィルムが全体に貼られている便も多くなりました。

ポケモンとかガリガリ君とか、映画の宣伝とか。

しかしチョコレート色一色の車体は目を引きますね。

電車は次の高田馬場に向け走り始めていましたが、思わず写メ撮っちゃいましたよ(笑)


迎える


CA391051-3.jpg


もうじき また

こんな季節が 訪れる


欲しくなる日

CA390995-3.jpg

何がって、

・・・チョコが(笑)


***

涼しくなってきてそろそろチョコレートの新作が出る頃かなぁ、なんて
ふと考えていたら、外から戻ってきた同僚が、

『コンビニに新作チョコがいっぱい出てた♪』って。

さすが、製菓会社さんはちゃんと甘党の女性がチョコレートに目が行く時期に
新しい商品を出してくるんですね(笑)

このチョコは写真の通りの中身。
キーボードみたい。


ちょっとずつと思ったけど、夕方お腹が空いたときに全部食べちゃいました^^ゞ

美味しかったです☆

近づく雨

CA390992-3.jpg




凪いだ海の上を 渡る


あとどれくらいで

ここまで 来るだろう。。



染まりゆく碧

CA391017-3.jpg



いったい いつの間に

時は過ぎ往くのだろう と


熱く 清々しく 肌に刺さる

陽光の下で 想う


旅立ちの前


CA391044-3.jpg



固く寄り添う穂先


それぞれが 遠く旅立つその時まで

しばし 共に風と戯れる

我慢仕事を機嫌よくこなす能力

CA391041-3.jpg




…そう、年を重ねてくるにつれて

幾らか身についた能力


でも、納得出来るくらいには、

全然、自分の中に満ちていない力


***


介護支援専門員の国家資格化への道がつき始めている、と聞いて

喜ばしい事、という気持ちや期待感より

今よりまだ責任と負荷を重くするのか?

という不安の方が先に立った、後ろ向き思考の持ち主


それが今の自分。


実際は、ケアマネの現時点での責任の重さからして、
任用資格ではなく国家資格で有るべきでしょう、という流れの話なんだけれど、


その立ち位置の確立の為にはやはり、
もうちょっと、あとちょっとの力を振り絞らなきゃならないんだな、これが。


正直なところ、疲弊した精神状態の時にこんな熱い話を聞くと、


空きっ腹にいきなりアルコールやご馳走をかき込んだみたいに
精神の自分の胃袋がビックリしちゃうんだよ。



だから笑って踏ん張れるだけの力が欲しいわけ、さ。

草の道

CA391007-3.jpg



緑の上は

なんだかとても居心地が良い。。


変わり種野菜

昨夜仕事から帰宅して寄ったスーパーでこんなものを見つけました。

CA391059-3.jpg

『かいらん菜』ですって。 ご存じですか?


見た目 葉っぱは小松菜のような。
茎はブロッコリーのような。。

ハテ、食べ方も書いてないけど、安いしひとつ買ってみるか(98円)、と。
他の野菜と一緒に買い物カゴヘ


で、今日は休日、そして私にとっては日曜は料理dayです(笑)
普段、弁当のおかずなどを作り置きしているので。



調理に取り掛かる前に、まずはこの新顔さんの素性を調べてみないとね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「かいらん菜」は、夏が旬の中国野菜。青菜炒めなどの材料として、
広東料理には欠かせない野菜です。
「かいらん=芥藍」と書き、またの名を「チャイニーズケール」とも呼ばれます。
ケールとつくことからも分かるように、キャベツやブロッコリーの仲間ですが、結球しないタイプです。
茎、葉、花蕾はそれぞれかたさや食感が異なるので、別々にしてサッと下ゆでし、
炒め物や和え物などにお使いください。
煮くずれしない茎は煮物にも。茨城産のみずみずしい「かいらん菜」、ぜひお試しください。

高広青果(株) 旬vagetales! より

http://www.takahiro-seika.com/vegetales/0807_vege01.htm
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


だ、そうな。中国野菜なのか。
茎は下茹でするとアスパラみたい、と書いてあるブログなどもあり更に興味津津。

まず生で葉っぱをかじってみる。
噛んでくと、僅かに苦味もあるけど、クセのない味

葉の部分と太い茎を切り分けて、茎は皮をむいて下茹でを。
ゆであがった茎を少し味見する、若干ゆで過ぎた気もするが、苦味が消えてむしろ少し甘いよ♪
胡麻和えか、炒め物か…。

さらに調べると、オイスターソース炒めが載っていたので、
豚肉と合わせて炒めてみました。



CA391060-3.jpg

そして出来上がり。
ま、ふつうの野菜炒めなんですよね。

そして、お味ですが

葉っぱ部分はやっぱり小松菜か青梗菜とそう変わらない感じ。
驚いたのは茎でした。

ブロッコリーの茎は、あまり得意ではないのでさほど期待はしてなかったのですが、
私、茎の方が好きかも。こりゃなかなか美味いよ☆

ブロッコリーやケールの仲間ということは、栄養価も高いのでしょうかね。
和・洋・中 何にでも合いそうな野菜です。

また買って何か作ってみるとしましょう。
スーパーや八百屋で見かけたら、ぜひお試しあれ^^)


ホント?

CA391058-3.jpg


『桃栗三年 柿八年』
このことわざの意味というと確か

何事も成果がでるまでに相応の年月がかかること、てな感じだったと思いますが、
まさか、この後に続きがあったなんて(@@;)

思わずコンビニで買っちゃってから、
事務所で年配の同僚に聞いてもみんな『さぁ・・・???』って。


このチョコのメーカーさんに聞いたら分かるのかも知れませんが
パッケージのために考えたのだとしたら、ウマイですよね。

綾小路きみまろさんの口調で聞いてみたいものです(笑)



仕事の合間の僅かな息抜きたいむに(笑)

連休お仕事のお仲間さん、明日も頑張りましょう?^^)

木陰

CA391050-3.jpg


足元に届く影

この影を作りだす 光も

柔らかな草の緑も


いくらか 強さ が 引いた気がする

I pray.

DSCF0906-3.jpg


ぐっすり眠れて

はやく良くなりますように…


 | HOME | 

プロフィール

藍(ran)

Author:藍(ran)
FC2ブログへようこそ!

アクセス

Information

≪Lagrange point≫はリンクフリーです 掲載写真・文章の無断転載はしないでくださいね。
Copyright © Lagrange point All Rights Reserved.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。