Lagrange point

Photo×Living×Sentence

03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラサク sakura 1

CA390608-3.jpg


今年は桜の開花がとても緩やかな東京です。

日当たりのいいところはかなり開いてきてますが、

数日前から全く開花が進まないところも。

明日から温かくなるようなので、今週末以降が見頃かと。



仕事も一段落付きそうなので、どこかでお花見散歩、したいなぁ。

スポンサーサイト

2009.4.3 sakura 2

CA390646-3.jpg


東京 神田川沿い
今日の温かさで、大方咲き揃いましたね。



新宿区はの名所が結構多い土地だと思います。



数kmに渡って続くこの神田川

新宿御苑

市ヶ谷のお堀沿い

戸山公園


そのほかにも至る所にかなり大きな木が残っていて、

自転車で街中を通り過ぎるだけで、ほんの5分寄り道するだけで、
良いお花見気分が味わえます。



明日も仕事。明日が過ぎれば、この2月から続いた仕事漬けの日々も
ようやく区切りが付きそうな気配。

もし早く終わったら、どこかに夜を見に行きたいな…と。

できれば、静かな場所で、ちょっと一杯飲みながら…とか(笑)
春の風情を味わいたいです☆

2009.4.4 sakura 3

CA390638-3.jpg



見上げれば 空の青さと 薄紅桜


夜桜も、雨の日も、それはそれでとても素敵な景色だけど

青空の下で輝く桜の花ほど
清々しい切なさが湧いてくる瞬間はないなァ・・・なんて思ったりします。



残念ながら先ほどから雨が降り始めたので、夜桜見物はまた別の日までおあずけです。



荒川の河川敷の、小松川千本桜
電車で駅4つのところにあるので、一番お手軽に花見が出来る場所です。


明日は休めるので、お花見散歩はまた明日。


今日はゆっくり、・・・寝る(笑)


2ヶ月、頑張った、ね。

2009.4.5 sakura 4

CA390675-3.jpg

荒川 河川敷 

4月5日 朝9時過ぎ






CA390718-3.jpg



そしてもう1枚、意図的にな操作、じゃありません、よ。

このとんがったシルエットは草ですが、絶妙なる バランスですよね。


思わず、『ほぉ?(@@ )』って(笑)

2009.4.6 sakura 5


CA390752-3.jpg



重たいコートを脱ぎ捨てて


あの雲のように 軽く 行こう


2009.4.7 sakura 6


CA390648-3.jpg



朝の 薄く 柔らかな陽射しを背に

2009.4.8 sakura 7



CA390794-3.jpg




そんなにイライラしてないでさ


ひと休み して行けば?

2009.4.9 sakura 8

CA390863-3.jpg



とても懐かしく

美しく


闇に映える 桜花と月




2009.4.10 sakura 9


CA390653-3.jpg



次の季節へと

2009.4.11 sakura 10

CA390769-3.jpg


東京のはそろそろ終わり

風に舞う花びらがまた


春の温もりと相まって 芽吹く喜びと 切なさを誘う



CA390802-3.jpg


今年は『○○と』をテーマに載せてみました。

春は、というけれど、色々見渡してみるととてもたくさんの花が
道端にも花壇にも溢れていますね


この先、いつまでこの満開のを愛でることができるのか

気候の変化を感じるたびに、ふと心配が過ぎります。


植えられたばかりの若い木が、時を重ねて
いつか、年老いた自分が見上げた時にも青空の下で可憐な花を
風に揺らしているように。

花が咲ける環境を、護って行かなきゃいけませんね。

出来る範囲の事に、なりますが。



植物にも、動物にも、人にも、労わりと思いやり、を。


今年も楽しませてくれて、ありがとう^^)

2ヶ月ぶりに


CA390725-3.jpg



写真は大根の花…かな?? アブラナ科の花っぽいですね。




江戸川の河川敷の工事も終わり、

ランニングコースも、土手の斜面も綺麗になったので、久々に走りに出ました。


2月からずっとまともに休みも取れなかったので、2ヶ月ぶりのランニング

夕方日が傾いた頃に始めたのですが…



まさに春の嵐。

台風並みの横殴りの風、息がしづらくて正直キツかった?(笑)


でも6km走りました。

途中100m程歩きましたが43分36秒 平均7分強ってとこね。
相変わらずカメ、なペースですが、練習再開です♪


これからぼちぼちと、頑張っていきましょう。

雨上がりの朝


CA390715-3.jpg



まあるい小さな雫が スギナの節(?)に


綺麗な水滴、じっと見ていると

何だかとてもこの水を飲みたくなってしまったのはナゼ(笑)


眠りを誘う。。

CA390682-3.jpg


荒川の土手の斜面にナズナがいっぱい。


寝転がって空でも見ていたいものです

…ソバカスが出来やすいので、紫外線は気になりますが(笑)



続きを読む »

orange


CA390703-3.jpg



光を


受け止めて


開放

CA390235-3.jpg



月に見護られて



何者にも


邪魔されない 空 を  往く



春の1日

CA390692-3.jpg



花の香りに埋もれたい


と思っていた今日



なかなかにくたびれた1週間でした…が、少しリセット。

続きを読む »

その眼に見えるもの

CA390929-3.jpg


同じものを見ても

受け取り方は それぞれ


また


全く違う角度から 媒体で

見たもの の姿


『青空の下で咲く 八重桜』





CA390934-3.jpg



同日 こんなものも

この張り紙を作った人、お疲れだったんでしょうかねぇ(笑)

意味は分かるんだけども、さ。

振り向いて…

CA390943-3.jpg


…見上げた先は鈍色の、私が生まれた日と同じ、曇り空。



去年の今日、35才になったとき、
私は、どんなことがあっても、その時々を大事に生きよう、そう思いました。

あれから一年、色々な出来事と、人々との出会いと別れとがあり、
身の回りの激し過ぎた流れに翻弄されながら…、辿り着いた。


大切にできたもの、できなかったもの
この手に触れたもの、拾えたもの、零れてしまったもの

喜び、安寧、感謝、祈り、悲しみ、無力感、痛み、苛立ち…

とてもたくさんの感情とともに、濃い時の中を。



また、小さな節目の日、
いつもの通り仕事して、忙しくて、昼食はマトモに食べられず、腕も足も疲れて。

でも、人の笑顔と、涙とに触れながら、気持ちは穏やかに波打って、一日が過ぎて行きました。


夜、23時。
今はほんの少しの食事と、
一切れのチーズケーキと紅茶とで、ひと息、ついてます(笑)



CA390946-3.jpg


同僚に

『明日休んでいい?』と聞いたら、快諾してくれて、

事務の女の子までもが、出来るだけ連絡しないようにします! って。

○○さん(よく失踪するお客さん)が居ないって連絡来たら、弟さんに連絡ですよね。
どうすればいいか教えておいてくれたら、対応します。


…緊急時は呼んで良いから(笑)


でも、ありがとう。本当に。

これからも、よろしくお願いします。


また明日からも、大切にしながら、丁寧に、柔らかく生きていきたい、です。

私が、私自身だと思う、柳の木のように。
目立たず、風に揺られて、折れることのないように。




折角の休日、滅多に行けない美術館にでも、行こうかなぁ…。



白と緑

CA390953-3.jpg



国立西洋美術館の敷地内で、

気の早い紫陽花かと思いきゃ、葉っぱが違いました。


これは、オオデマリ(大手鞠)


ここに植えられている、小手鞠、ツツジ、花水木、大半が白。

銀杏の若葉の緑、葉の緑と相まって、なんだか清潔感が漂う。

そんな中にロダンの銅像が立っています。



CA390955-3.jpg


これは『地獄の門』だそうな。

門の中にも、考える人、が居るんですね(笑)


さて、今日、国立西洋美術館で、ルーブル美術館展 ?17世紀ヨーロッパ絵画?

を、見てきました。

戦争絵画や静物画以外にも、神話や宗教絵画も色々と。

でも、やっぱりフェルメールの静謐な空気感、好きだなぁ…


企画展のチケットで、常設展示も見られます。

ルノアールやモネ等、有名どころの絵もいくつかありましたが、
名前も何も知らなくても、見るのは結構楽しいです。


今は、国立新美術館でもルーブル美術館展を別なテーマで開催してます。
そちらにも興味は惹かれますが、
もう一つ、ヒルズの森美術館での現代アートの方に気持が向いてたりして。

『万華鏡の視覚』


6月終わりまでには行けたらいいなぁ。


たまには人ごみの中でも、芸術に触れるのはイイですね。
少しまた、違う部分の気持ちの余裕が生まれたような気がします。



ココから



CA390933-3.jpg



つまづきながらも

それでも足を止められない ヒト



わたしたちは


ずっと ここから


アナタを 見ています


ずっと…



どんな姿になっても



迷い道で

CA390960-3.jpg



心の声に従う


それは

ただ衝動に流されるのではなく

時に冷淡と思えるくらいに


心の深みを覗き込んでも

これだけは譲れない と



感じる選択に


身を委ねる 行為か…と



生える


CA390906-3.jpg



地面から 温もり抱えて もこもこ と


何てキノコなんでしょうねぇ。

・・・食べられるのかな(笑)




穏やかに。。

DSCF0869-3.jpg



この背中を 預けていて良いのだ と


感じた


瞬間。。



変異

CA390920-3.jpg



続きを読む »

ぼんやりと

CA390975-3.jpg




まったり と 




まだ少し、熱っぽいカナ…


 | HOME | 

プロフィール

藍(ran)

Author:藍(ran)
FC2ブログへようこそ!

アクセス

Information

≪Lagrange point≫はリンクフリーです 掲載写真・文章の無断転載はしないでくださいね。
Copyright © Lagrange point All Rights Reserved.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。