Lagrange point

Photo×Living×Sentence

05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開

長らくこちらの場所は開店休業状態でしたが、今日からリスタートいたします。

これまではどちらかというとメッセージを届ける、という思いは強くなく、
ただ自分がつぶやきたいことを流していただけでしたが、

2016/7/9(土) ある場での貴重な体験を通じて、
自分がこれから取り組むべきことに覚悟が持て
たくさんの方から応援の力を頂いたので、

今日眠りにつくまえに、

再開の宣言だけはしておこうと。


今、この場に自分が在ることへの感謝と共に。。




私が生まれた季節、4月の故郷の風景
P1060249.jpg

スポンサーサイト

夜への入り口

東京ゲートブリッジ上を走る


P9141935-4_20130916204143b5e.jpg

続きを読む »

複雑

どうか真相が分かりますように…

そう願うのが良いことなのかどうかさえ

今の私には解らない


もしかすると


わからない方が良かったと

思うことになるのかもしれない


人を疑うことは


悲しい




とても



年末の出来事

年末の休日に入り、立つ人まばらな総武線の車内。


各々座席に座り携帯を見たり話をしたり、
とある駅に着いて、次の発車を待っていたら。。


少し離れた席のあたりで、

『がしゃっ、ばさっぱらぱら…』

沢山の書類や文具が床に散らばった音が。

20代後半とおぼしき青年、鞄に色々乗せたまま、慌てて降りようとしたんでしょうかね。

発車のメロディーも終わり近く、もうあと僅かでドアが閉まってしまう。
あと何十秒もない!ってそのとき、
周囲に座っていた人たちがほぼ同時に立ち上って、慌てる青年の周りに群がって、あっという間に拾い集めて彼の鞄の上に。

そしてその彼は無事に電車を降りることが出来たのでした


ほかに周りに居た人も、半ば腰を浮かしたり、自分も手伝うかどうかとそばに寄りかけては
余り人数が多いと邪魔になるかと逡巡したりしながら見守っていたので、
無事に落とし物なく青年が降りて静かにドアが閉まった時は、車内に残った私達の方に笑顔と安堵の空気が広がっていました。

一瞬の出来事でしたが、それぞれ知らない人たちの寄せ集めの車内での動きがあまりにも滑らかで、
そのアクシデントが事前に分かってたかのように、何の無駄な動きも介入しなかったのがちょっと感動でした。


東京の人は冷たい、なんてよく言われるけど、個々の出来事には決してそんなことは無いんだよね、と、いち関西人は思ったのでした。

花火大会はいつも…

P8040086-3.jpg

今日の夕飯
サーモン、アボカド、ズッキーニ他夏野菜の具だくさんサラダと、
たこのトマトソースパスタ


P8040215-3.jpg

小岩に引っ越して初めての景色。
今年は贅沢にも部屋のベランダから。

ちょうど見える場所だな―とおもっていたので出ずにベランダにカメラ設置。
一杯やりながらまったりと。


海風がちょうど部屋の方向に向かって吹いていたので、
連発が始まると煙で何も見えなくなることが何回かありましたが、
それでも結構しっかり見えました♪

ひとりで見てると撮影に集中はできるけど、
一緒に見たい彼はいつも仕事(はぁ…)


仕方ないとは解っているけど、
毎年のことながらちょっと寂しいんだよね。。


来年こそは、ね。

 | HOME |  »

プロフィール

藍(ran)

Author:藍(ran)
FC2ブログへようこそ!

アクセス

Information

≪Lagrange point≫はリンクフリーです 掲載写真・文章の無断転載はしないでくださいね。
Copyright © Lagrange point All Rights Reserved.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。